JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

管内の農畜産物 お米

お米JA鈴鹿管内の米の作付面積は鈴鹿市が2,630ヘクタール、亀山市が800ヘクタールとなっています。 管内で一番多く栽培されているのはコシヒカリで、コシヒカリ以外にはキヌヒカリやあきたこまち、みえのゆめ、みえのえみなどの品種が作付されています。

主な品種とその特徴

コシヒカリ

こしひかり日本で一番多く作付されている品種です。管内でも約7~8割の圃場でコシヒカリが栽培されています。米の粘りが強いのが特徴で、大変食味に優れています。

キヌヒカリ

コシヒカリと比較すると草丈が短く、耐倒伏性が強い品種です。ほどよい甘みと粘りがあり、炊きあがると絹のように白くつやがあるのが特徴です。

あきたこまち

コシヒカリより早熟で、コシヒカリの食味特性をもった品種です。管内では鈴鹿市の南部地区で多く作付されています。もちもちと粘りのあるのが食感です。

みえのゆめ

三重県で開発された品種です。倒伏に強く、良食味の晩生品種です。白未熟粒の発生が少ないという品質上の長所もあります。

産地品種銘柄の選択銘柄について

「農産物検査に関する基本要領」Ⅰの第2の1の(2)に規定する産地品種銘柄の「選択銘柄」について

 

「農産物検査に関する基本要領」(平成21年5月29日付け21総食第213号総合食料局通知)Ⅰの第2の1の(2)に規定する米穀の産地品種銘柄は、次の通りとする。

 

 

登録検査機関名 鈴鹿農業協同組合
登録年月日 平成14年6月11日
住所 三重県鈴鹿市地子町1268番地
電話番号 059-384-1126
農産物検査を行う農産物の種類 国内産(もみ、玄米、小麦、大麦、はだか麦、大豆、そば)
農産物検査を行う区域 三重県
検査場所を管轄する事務所および検査場所































管轄する事務所 検査場所

鈴鹿農業協同組合

  本店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国府支店
庄野支店
石薬師支店
久間田支店
牧田支店
飯野支店
河曲支店
玉垣支店
一ノ宮支店
北長太
若松支店
白子支店
稲生支店
天名支店
合川支店
栄支店
深伊沢倉庫
亀山神辺支店
昼生出張所
白川出張所
川崎支店
亀山支店
井田川倉庫
関支店
深溝支店
原倉庫
東部CE
西部CE
南部RC
北部RC
加佐登支店
長太支店

 

(水稲うるみもち及び水稲うるち玄米)

都道府県 品種
三重県

うこん錦、黄金晴、夢ごこち、ひとめぼれ、ヒカリ新世紀、三重23号、

きぬむすめ、縁結び、みのりの郷、みのりの穂

 

(普通小麦)

都道府県 品種
三重県 さとのそら、ユメシホウ

「果菜彩米」ファーマーズマーケット果菜彩にて販売中!

「果菜彩米」は、食の安全・安心の取組みで三重県の定めた「人と自然にやさしい生産方式」にそって栽培された減化学肥料・減農薬の契約栽培米です。 JA鈴鹿管内の豊かな自然の恵みをたくさん受けて収穫されたおいしいお米を是非お召しあがりください。

新鮮な農産物は果菜彩で!

ページトップに戻る