JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

加工用ハクサイの出荷が本格化

鈴鹿農協加工用野菜部会の加工用ハクサイの出荷が11月上旬から始まっています。品種は「黄楽70」や「ひろ黄」、「黄味85」「黄望峰90」など。同部会の生産者は、生食用より1ヶ月長くハクサイを栽培し、できるだけ大きな玉(3㌔以上)の収穫を目指し、品種をリレーしながら通いコンテナで県内の漬物会社へ出荷します。出荷は3月下旬まで続きます。

 

加工用ハクサイ

 ▲通いコンテナで出荷します。

ページトップに戻る