JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

女性部加佐登支部ぼかし肥料を作成

 JA鈴鹿女性部加佐登支部は7月14日、同支店倉庫でEM菌を使ったぼかし肥料を作成しました。当日は8人の部員が集まって作業を行い、約500㌔の肥料を作成しました。
 作成した肥料は夏野菜の追肥や秋冬野菜用の元肥に使われ、女性部員から「味が良くなる。特に葉物野菜の甘みが増す。有機肥料のためか野菜が長期的に取れる」と同部員から好評です。
 ぼかし肥料は、米ぬか・籾殻に水・EM菌・糖蜜を加え、良く混ぜた後、10日~2週間発酵させ、甘酸っぱい匂いになると完成します。

 

 

M鈴鹿 林和哉 加佐登女性部

  
▲均一に混ぜる女性部員

ページトップに戻る