JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

果菜彩米おかゆ 新発売

JA鈴鹿は本日より(6月17日、)地元産米を使った新商品「果菜彩米おかゆ」の発売を開始しました。6月16日には発売を記念して、同JA谷口俊二組合長が末松則子鈴鹿市長を表敬訪問し、果菜彩米おかゆを贈呈しました。
 28年3月頃から、地元産米の消費拡大につなげようとプロジェクトが発足。離乳食や風邪の時等、世代を問わず利用されるおかゆが選ばれ、商品開発へと進んだ。
 おかゆに使われている果菜彩米は、食の安全・安心の取組みで三重県の定めた「人と自然にやさしい生産方式」にそって栽培された減化学肥料・減農薬の契約栽培で生産される。
 レトルト食品の為、そのまま冷がゆとして食べれるが、フタを剥がして電子レンジで温めるとより美味しく食べられる。
 同組合長は、「引続き地産地消の提案や活動に精力的に取組んでいきたい」と話した。
 この果菜彩米おかゆは、農畜産物直売所の他、18日19日に開催する東海食サミットでも販売する。価格は1個250g入りで税込160円

 

IMG_6351

ページトップに戻る