JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

麦蒔き体験が開催されました

NPO法人ファームランド鈴鹿は12月5日、鈴鹿市地子町の圃場で鈴鹿小麦の種蒔き体験を開催した。純鈴鹿産小麦を使って「地産地消」と「食育」を広めていこうと取り組んでいる。当日のイベントは関係者含む約30人が参加。参加者はうどんを作るに適した品種「あやひかり」の種蒔きを体験。他にもJA鈴鹿本店駐車場で農業機械の展示や鈴鹿産小麦で作る「鈴鹿うどん」の振る舞いが行われた。
 市民参加型イベントは、「作物の成長を身近に感じ地元の生産物に愛着を持ってもらえたら」と、種まき、収穫、料理と3つのイベントを年間で企画している。イベントは口コミで広まり、リピーターも多く好評。
 ファームランド鈴鹿理事長森下晃さんは、「7年間の活動で鈴鹿小麦を使った店も徐々に増え、10店舗を超えた。鈴鹿小麦の名前が定着してきたと思う」と語る。
 今日蒔いた麦は、6月頃に収穫を迎える予定。
 M鈴鹿 林和哉 麦蒔き

ページトップに戻る