JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

JA鈴鹿受託者部会が学校用給食にコシヒカリを寄贈

鈴鹿農業協同組合受託者部会は、学校給食用に新米のコシヒカリ1030㌔を寄贈し、10月13日の鈴鹿市の小学校30校と幼稚園15園の給食約13000食に使われた。
  同日、河曲小学校では寄贈式が行なわれ、同JAの谷口俊二組合長、末松則子市長らが出席。目録を受け取った市長は、謝辞と共に鈴木繁雄会長に感謝状が贈られた。
 寄贈式終了後には同校3年2組の児童たちと給食の試食会が行われ、キーマカレー、野菜サラダを食べながら交流を深めた。
 大型機械を持つ同部会は、兼業農家の水田の耕作を引き受ける等、個人農家の機械投資の軽減を支援しており、現在41名が参加。平成17年度から毎年鈴鹿産の新米を学校給食用に寄付しており、今年で11回目。
 新米を食べた児童らは「いつもよりふっくらしていておいしい。」と話した。

M鈴鹿 林和哉 受託者部会児童らと会食

ページトップに戻る