JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

徳田ふれあい会館でオバケかぼちゃ祭りを開催。

鈴鹿市天名地区の住民が集まる若人会(わこうどかい)は、7月30日、徳田ふれあい会館でオバケかぼちゃ祭りを開催しました。
 以前は数件の農家しか栽培していませんでしたが、一人で抱えきれない程の大きさになる珍しさや、様々な形に育つおもしろさから近隣住民の間で広まり、平成21年から重量を競う祭りとして現在も続いています。
 この日の為に、会員17名は昨年優勝したかぼちゃ(品種アトランティクジャイアント)から採れた種を栽培。会場には1.6㌔~88.6㌔まで大小様々なかぼちゃや、パンダやダルマ、魔女に見立てたユ―モア溢れるかぼちゃが集まった。今年は同会代表の渥美弘さん(73)の出品したかぼちゃが昨年の83.8㌔の記録を更新し優勝。
 渥美弘さんは「巨大なかぼちゃを育てる為、毎年施行錯誤。参加者のレベルは年々上がっており、大台の100㌔めざし今後も続けていきたい。」と語った。
 コンテストにかけられたかぼちゃは同会館へ展示される他、地元小学校に寄贈された。

 

 

 

  オバケかぼちゃ① オバケかぼちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0533 オバケかぼちゃ②

ページトップに戻る