JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

いきいき農業大学が夏野菜を収穫

いきいき農業大学が7月16日、鈴鹿市津賀町の鈴鹿さつき温泉近くの実習圃場で夏野菜の収穫を行いました。

当日は、同大学の受講生約20名がナスやピーマン、キュウリ、トマト、オクラなどの夏野菜を収穫しました。

同大学は、平成15年に開校し、約380名の方が卒業、同JAのファーマーズマーケット果菜彩へは同大学の卒業生も多数出荷しています。現在、同大学では、実習圃場で夏野菜を栽培し、果菜彩で販売実習も行います。

受講生は「新鮮な野菜が収穫できて嬉しい。農業大学は毎回来るのが楽しいし、学ぶことが多い」「品種まで考えて栽培するようになった。果菜彩で販売することで、値段の付け方や商品の売り方も参考になる」と話していました。

 

いきいき農業大学収穫

 ▲夏野菜を収穫する受講生

ページトップに戻る