JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

ニュースフラッシュ一覧

一ノ宮支店が新店舗で営業を開始しました  New

4月16日、新築工事を終えた一ノ宮支店で営業を開始しました。当日は、開店と同時に多くのお客様に来店していただきました。お近くにお住まいの方は、ぜひ一度ご来店ください。        所在地  鈴鹿市市 …続きを読む

加太小学校6年生 自然薯を定植 

 亀山市立加太小学校6年生6人は4月10日、加太向井の畑で自然薯の定植を体験しました。定植体験は、学校が地域住民との交流や、地元の良さを知る機会を作ろうと、地元農家の協力を得ながら約10年前から行っています。当日は、加太 …続きを読む

グラウンドゴルフ大会を開催しました 

 JA鈴鹿は3月18日、鈴鹿市津賀町の鈴鹿さつき温泉前の芝生地で、グラウンドゴルフ大会を開催しました。今年で16回目。年金振込を同JAに指定する利用者を対象に開催しており、利用者との交流や健康増進に寄与することを目的に開 …続きを読む

新予約ミニワイフェスタを開催しました 

 JA鈴鹿は3月2日、地元産・国内産の食材を使い、食品添加物の使用を極力控えた新予約商品の協同購入運動を呼びかけるミニワイフェスタを本店5階大会議室で開催しました。JA女性部役員を含む、管内に住む女性約130名が参加しま …続きを読む

地元産トマトをPR 市長を表敬訪問 

 鈴鹿施設園芸協議会の生産者4名は2月23日、地産地消の拡大を図ろうと、鈴鹿市役所を訪れ、末松則子市長に大玉トマト7箱とミニトマト1箱を寄贈した。トマトに甘みがのってくるこの時期に、おいしさのPRを兼ねて毎年実施している …続きを読む

CBCラジオで白ネギをPRしました 

 JA鈴鹿が一大産地化を目指して栽培に取り組む白ネギが、1月11日CBCラジオで取り上げられる。今旬を迎えている白ネギの、今年度の出来具合や鮮度の良いものの見分け方や食べ方をPRする。   同JAは地域で盛んな茶農家や花 …続きを読む

鈴海山を鈴鹿市長に贈呈 

 JA鈴鹿は12月27日、鈴鹿市の末松則子市長を表敬訪問し、鈴鹿産のお米で作った日本酒「鈴海山」(すずかいざん)を贈呈しました。地産地消の取組みとして、地元食材を6次産業化に力を注いでおり、「鈴海山」を通じて、米の消費拡 …続きを読む

亀山市とみまもり協定を締結 

 JA鈴鹿と亀山市は12月27日、亀山市役所で「亀山市地域見守り活動の協力に関する協定」を締結しました。同市が策定した「地域見守り活動に関するガイドライン」に基づき、JAと市で相互に協力し、問題に対応することで市民が安心 …続きを読む

白ネギ使って新しい料理方法を提案 

 JA鈴鹿は22日、『「鈴鹿の白ネギ」を使った新春茶巾寿司&恵方巻づくり教室』を初めて開きました。同JAは地域で盛んな茶農家や花木農家の複合経営作目として5年前から白ネギを振興しており、産地を10㌶まで拡大させています。 …続きを読む

被災地に餅贈る JA鈴鹿受託者部会 

 JA鈴鹿受託者部会とNPO法人「災害ボランティアネットワーク鈴鹿」が12月19日、被災地の復興を支援をしようと、鈴鹿市の中部育苗施設で鈴鹿産のもち米約420㌔を使い餅をつき、約500枚の伸し餅を作りました。  2011 …続きを読む

白ネギ出荷ピーク 

 鈴鹿農協白ネギ部会の白ネギの出荷がピークを迎え、農家は収穫作業や調整作業に追われています。今年は、昨年より40トン多い約200㌧の出荷を見込んでいます。  同部会は白ネギを植木・茶農家の所得向上や安定経営を支える複合品 …続きを読む

日本酒 鈴海山を販売開始しました 

JA鈴鹿は12月7日、合併30周年記念酒として、管内産のお米で作った日本酒「鈴海山」の販売を開始しました。地産地消の取組みの一環として、地元食材を原料とする六次産業化商品の開発に力を注いでおり、「鈴海山」を通じて、米の消 …続きを読む

白ネギ目揃え ピークに向けて規格を再確認 

 鈴鹿農協白ネギ部会は11月6日、西部営農センター2階で白ネギの目揃え会を開きました。  当日は、生産者やJA職員、普及センター職員、市場関係者ら計34名が参加し、白ネギの安定出荷に向けて、出荷規格俵を元に基準を再確認し …続きを読む

果菜彩倶楽部 サツマイモの収穫を体験 

 JA鈴鹿は、11月4日、農業や食の大切さを知ってもらおうと、本店前ふれあい農園でサツマイモの収穫体験を開きました。今年で9年目。同体験は、食農教育の一環として開催しており、「果菜彩倶楽部」に加入する会員に呼びかけ、当日 …続きを読む

自然薯とサツマイモの収穫を体験 

 亀山市立加太小学校の全校生徒34名は11月1日、地元住人が有志で集まる零余子(ムカゴ)の会共同栽培圃場で、自然薯とサツマイモの収穫体験を行いました。  同会は、地域児童の食育活動のためこの取り組みを行い、市やJAも協力 …続きを読む

1 / 512345
ページトップに戻る