JA鈴鹿

  • 気象情報
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

管内の農畜産物 セイロン瓜

鈴鹿市でセイロン瓜を新野菜として全国に発信するプロジェクト「セイロン瓜プロジェクト」が本格化しています。同プロジェクトは、スリランカ出身のアーナンダ・クマーラ氏が呼びかけ人となり、農家やJA鈴鹿、鈴鹿商工会議所、学校関係者らが参加して、平成23年2月からスタート。地域ぐるみで、セイロン瓜を鈴鹿市から日本全国へ発信しようと奮闘しています。

セイロン瓜を架け橋に地域が団結

セイロン瓜プロジェクトを発足「セイロン瓜を新野菜として、鈴鹿市から全国へ発信していきたい」と話すのはスリランカ出身のアーナンダ・クマーラ氏。 セイロン瓜は、クマーラさんの母国スリランカでは、病院食としてよく使われる野菜の一つ。繊維・ミネラル類が豊富で低カロリーの野菜ですが、日本では野菜として認識されていませんでした。そこで、クマーラさんは平成23年2月、セイロン瓜を日本に普及させることを目的にセイロン瓜プロジェクトを立ち上げました。 同プロジェクトには様々な立場の人が参加し、日本での栽培方法や調理方法、グリーンカーテン、獣害対策での活用方法などを研究しています。当JAでもセイロン瓜苗の販売や栽培講習会、プロジェクト会議を開催した他、市内の小中学校に苗を提供して、グリーンカーテンや食農教育に利用してもらうなど、セイロン瓜のさらなる普及を目指しています。

健康野菜として最適

セイロン瓜セイロン瓜は、カルシウムやマグネシウムなど、ミネラル類を多く含んだ低カロリーの野菜です。スリランカや東南アジアでは、病院食にも使われ、「健康野菜」としても知られています。 種類は、果実約4cm、長さが30~50cmの「短形」と1m20~60cmの「長形」の2種類あります。長形のなかには、ヘビに似た曲がったものもあることから「ヘビウリ」とも呼ばれています。

短形のセイロン瓜

短形のセイロン瓜は、自然に栽培しても比較的まっすぐ伸びていきます。長形の瓜よりも少し硬いのが特徴です。

長形のセイロン瓜

長形のセイロン瓜は、実が柔らかいため、時にはヘビのような形になります。鑑賞用にも使え、長いものでは2mを超えるものもあります。

グリーンカーテンや獣害対策へも活用

セイロン瓜はウリ科のつる性植物で、夏のエコ対策としてグリーンカーテンにも使えます。果実は食用に利用できるので一石二鳥です。また、ヘビに似ていることからヘビを嫌う猿の獣害対策としても期待が寄せられています。

ミネラル豊富で低カロリー

セイロン瓜を食べてみよう! セイロン瓜の味は、淡白でくせがなく、苦みがないのが特徴です。ゴーヤとほぼ同じように調理でき、チャンプルやサラダをはじめ、かき揚げや炒飯、カレー、スープ、漬物など幅広く利用できます。また長形、短形の味にはほとんど変わりはありません。いろんな形に調理して、セイロン瓜を食べてみよう!

 

セイロン瓜カレー

セイロン瓜カレー

セイロン瓜漬物

セイロン瓜漬物

ファーマーズマーケット果菜彩

セイロン瓜「ウリ」出し中!  ファーマーズマーケット果菜彩の店頭には7月中旬からセイロン瓜が並びます。長形と短形の2種類あり、価格は200円から400円で販売されています。

新鮮な農産物は果菜彩で!

ページトップに戻る